知らないと困る、結婚式の招待状への返事の仕方

返信はがきを書くときに気をつけること

人生で一度の晴れの日に招待されるのはとてもうれしい事です。仲の良い、大好きな友達だったりしたらなおさらです。でもやむを得ない理由で欠席しなければならない時もありますね。相手が気をわるくしないように、失礼にならないように欠席の返事を書きたいものです。招待状の返事の書き方には、細かいルールが多く、縁起かつぎにも気を使わなくてはならなかったりと、意外と難しいのです。
まず、基本的なルールとして、招待状を受け取ったら出席する場合は2~3日中に返事を出しましょう。近い関係で、口頭で出欠を伝えていたとしても、招待状の返事で正式な出欠の知らせとなります。新郎新婦側は人数調整や準備のために、なるべく早く人数を把握したいはずです。ただし、欠席の場合は、どうにか都合を付けようとしたのだけど…、という態度と気持ちを表すために、すぐに返事しないようにします。遅くとも1週間以内に、欠席の場合でも1週間くらいでは返事をするのがマナーです。どうしても遅れるときには、先に遅れる旨を連絡しておき、追って招待状を出すようにしましょう。
また、出欠の返事をした後、急に都合が悪くなった場合に、招待者側から言われない限りは、代理人を立てることは基本的にやめましょう。立てるときには、事前に誰が代理人として出席するかを伝えておきます。逆に代理出席を頼まれたときは、芳名帳には本来の招待された人の名前を書きましょう。そして、横に小さめに「代人」とし、自分の名前を書きます。

意外と細かい、招待状の返事の書き方のルール

招待状を受け取ったら、早めに出欠の返信はがきを出しますが、返信はがきの書き方にはいくつかの決まり事があります。結婚式の招待状以外でも必要な社会人の基本的なルールでもあります。マナー違反は自分の恥になるのはもちろん、招待者にも失礼になりますから、しっかりチェックしましょう。

いろいろな理由のメッセージの書き方

結婚式を欠席するのには、仕事の都合や、病気や出産などの体調によるもの、身内の不幸など、様々な理由があると思います。その内容によってははっきりと理由を書かないほうが良いものもあるので、気を付けなければなりません。いくつかの例を見てみましょう。

急に欠席する場合と、避けたい言葉

結婚式はお祝い事なので、マナーとともに縁起にも気をつけましょう。招待者を嫌な気分にさせないように、やってはいけないこと、使ってはいけない言葉や文字の例をいくつかご紹介します。うっかりやってしまいがちなので、祝電をうったりメッセージを書く時には気を付けます。

トップへもどる