知らないと困る、結婚式の招待状への返事の仕方

>

意外と細かい、招待状の返事の書き方のルール

返信はがきの書き方のマナー

返信は、黒のペンで書きます。毛筆が理想ですが、黒であればボールペンでも問題ありません。そして、二重線で字を消すときには定規を使ってきれいに書きましょう。
まず、表面に書いてある相手の名前の「行」や「宛」を二重線で消して横に「様」と書きます。二重線でなく「寿」という字で消す他に寿消しという方法もありますが、名前に寿の文字が含まれる場合はやめておきます。
裏面は「御」の字を消し、「出席」か「欠席」の文字に〇を付けます。付けなかった方の文字は「御」と一緒に二重線で消しておきます。そして、自分の名前がかかれている上の「御芳名」と書かれている「御芳」の部分を消します。「御住所」も同じく「御」の部分を消しておきます。こちらも寿消しでも良いです。また、最近では、二重線の代わりに絵やシールなどを使ったり、イラストなどではがきを飾る例も増えているようですが、目上の人へなどはやめた方が無難でしょう。

連名の書き方、欠席の場合のご祝儀など

結婚式を欠席する場合でも、ご祝儀だけを人に託けたり、届ける場合もあります。その時の金額の目安は出席するときの約2分の1~3分の1くらいです。また、祝電を送るのもいいでしょう。その場合は1週間前~前日までに打つようにします。
そのほかの知識として、連名で招待状が来ている場合は、基本的なルールは同じで、自分の敬称を二重線で消します。連名で来ている一部、例えば夫婦で招待されて、片方だけが出席するなどの場合も出席に〇をつけ、名前は出席する人の名前だけ書くようにします。メッセージにひとこと、欠席する旨を書き添えるといいでしょう。
もし、連名には無くて、どうしても子どもを連れて出席する場合には、いきなり名前を書かずに電話などで連絡してからにしましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる